歴史好きの大和徒然草子

奈良県を中心とした散歩や歴史の話題、その他プロ野球(特に阪神)など雑多なことを書いてます。

歴史の話

天覧試合。そして伝統の一戦は生まれた。いかに阪神は関西屈指の人気球団となったのか?阪神タイガースの歴史を読み直す(6)

プロ野球初にして唯一の天覧試合が伝統一戦を生み出したといえます。天覧試合開催までの経緯やその後の影響を紹介します。

廃寺となった三輪の3つの神宮寺。三者三様のその後とは。廃仏毀釈(4)大御輪寺、浄願寺、平等寺

大神神社にあった3つの神宮司は神仏分離令ですべて廃寺となりました。廃寺後三者三様のそれぞれの寺院についてご紹介します。

筒井順慶(9)順慶死後の筒井氏と国人たち

順慶死後、跡継ぎ定次の奮戦と戦国の大和に割拠した国人達のその後をご紹介します。

奈良にもあった米軍基地。平城宮跡の南に突如現れ3年で消えた巨大青線地帯とは。奈良R・Rセンター周辺。

かつて古都奈良にも米軍基地があり、朝鮮戦争中には巨大な慰安施設がありました。その施設のまわりは一大青線地帯と化しましたが、施設の消滅とともに姿を消すことになります。

全山神社と化した大和南部の中心寺院とは。奈良県有数の紅葉の名所に残る痕跡。廃仏毀釈(3)多武峰妙楽寺

紅葉の名所として名高い奈良県桜井市の談山神社。この地は江戸時代まで多武峰妙楽寺という大寺院でした。大寺院がどうして神社に転身したのかをご紹介します。

大阪球場が関西プロ野球のメッカだった時代。いかに阪神は関西屈指の人気球団となったのか?阪神タイガースの歴史を読み直す(4)

阪神と人気を二分した南海と、かつて関西プロ野球の中心地だった大阪球場をご紹介します。

筒井順慶(7)2020年大河ドラマのハイライト、山崎の戦い。「洞ヶ峠」で何が起こったのか。

洞ヶ峠に着陣したのは筒井順慶ではなく明智光秀だった!?本能寺の変から山崎の戦いに至る筒井順慶のどうこうをご紹介。

忽然と消えた「大和の日光」。跡形もなく消失した大寺院とは。廃仏毀釈(2)内山永久寺

皆さんこんにちは。 明治維新とともに吹き荒れた廃仏毀釈の嵐。 前回は興福寺の荒廃と復興についてご紹介しました。 さて、現在奈良の有名で大きな寺院といえば、皆さんどういったお寺を思い浮かべるでしょう。 興福寺、東大寺、法隆寺がまず脳裏に浮かぶ方…

首都空爆から1ヶ月余りで白旗をあげた国から思うこと。ローマは戦火をどう免れたか。

首都ローマを空爆されて1ヶ月余りで降伏した国イタリア。日本やドイツと違い、全土が焦土となることはなく、美しい中世の街並みが温存されました。そんなイタリアから学べることとは何でしょう。

昭和天皇、二つの決断。二・二六事件と終戦。

戦前昭和天皇が行った重大な二つの決断についてご紹介します。

筒井順慶(6)「ブラック家中」織田家での奮闘。大和国衆の中心大名になるまで。

大和守護となり松永久秀滅亡後、織田家中で奮闘する順慶の活躍をご紹介します。

2リーグ分裂は、阪神に何をもたらしたか。いかに阪神は関西屈指の人気球団となったのか?阪神タイガースの歴史を読み直す(3)

2リーグ分裂が阪神にもたらしたものは何か。読売と毎日という2大マスコミのはざまで揺れる阪神の姿を紹介します。

大和郡山、洞泉寺遊郭跡に残る「旧川本家住宅」こと町屋物語館。数寄を極めた意匠がいっぱい!内部を見学できる貴重な遊郭建築(下)

大和郡山、洞泉寺遊郭跡に残る「旧川本家住宅」こと町屋物語館は大正の遊郭建築を今に残す貴重な遺構です。 その内部をご紹介します。

大和郡山、洞泉寺遊郭跡に残る「旧川本家住宅」こと町屋物語館。過去を知り、何を将来に残すのか。内部を見学できる貴重な遊郭建築(上)

大和郡山市の洞泉寺遊郭跡に残る町屋物語館こと「旧川本家住宅」の内部を紹介します。遊郭建築の内部を見学できる貴重な施設です。

失われた大伽藍、奈良を象徴する光景を生み出したものとは。廃仏毀釈(1)興福寺

奈良を代表する観光地である奈良公園。その誕生にまつわる事実をご紹介します。

「応仁の乱」中世史ブームを引き起こしたベストセラー。戦国武将のリアルを知りたい方、必読です!

中世史ブームを引き起こしたベストセラー「応仁の乱」の書評です。

「武士の家計簿」幕末ファンは必読の書!幕末武士たちの姿をリアルに理解できる一冊。

テレビでもおなじみの歴史家、磯田道史さんの代表的な著作である「武士の家計簿」のご紹介です。 幕末史に関心のある方は必見です。

ブログランキングに参加していますので
↓クリックしていただけたらうれしいです!
にほんブログ村 歴史ブログへ

にほんブログ村


お城・史跡ランキング
偉人・歴史人物ランキング